肌のバリア機能とアトピーの関係とは?スキンケアで解決しよう!

アトピーに悩んでいる人にスキンケア方法を紹介します

この画面は、簡易表示です

18/06/13

スキンケアで保湿

投稿日 by 運営者

かゆみなどのアトピーの症状を予防する対策としては保湿することが有効であるとされています。肌にはもともと肌が乾燥してバリア機能が低下しないように、セラミドや皮脂などを蓄えています。肌の保湿をサポートする物質として皮脂を挙げました。しかし、皮脂と聞くと中には皮脂が汚い物であるという印象を持った方も少なくありません。確かに、皮脂が付きすぎているのも困りものですが、保湿する上ではとても大切な役割を担っているのです。そのため、皮脂は適度に必要なものであると言えます

保湿アトピーは汗などを要因として発疹が出たりということもあり、入浴することを通して清潔に保つためにスキンケアをしなければなりません。この時に体を洗う過程で、皮脂は幾分か落ちてしまいます。したがって、水分を逃がさない働きを持つ皮脂が少なくなった状態でそのまま放っておくと、肌が乾燥してアトピー症状を起こしやすくなります。

これを防ぐためにも入浴後には、特に皮脂の役割を補うため保湿剤を塗るようにしてください。また、保湿剤には塗った後さらさらしたものなど商品によって、肌に塗った感じが若干違います。そのため、汗ばむ夏ごろの時期には塗った後にべたべたしないものを選ぶということもアトピーを防ぐために覚えておくと良いポイントです。




top