肌のバリア機能とアトピーの関係とは?スキンケアで解決しよう!

アトピーに悩んでいる人にスキンケア方法を紹介します

この画面は、簡易表示です

未分類

スキンケアで保湿

投稿日 by 運営者

かゆみなどのアトピーの症状を予防する対策としては保湿することが有効であるとされています。肌にはもともと肌が乾燥してバリア機能が低下しないように、セラミドや皮脂などを蓄えています。肌の保湿をサポートする物質として皮脂を挙げました。しかし、皮脂と聞くと中には皮脂が汚い物であるという印象を持った方も少なくありません。確かに、皮脂が付きすぎているのも困りものですが、保湿する上ではとても大切な役割を担っているのです。そのため、皮脂は適度に必要なものであると言えます

保湿アトピーは汗などを要因として発疹が出たりということもあり、入浴することを通して清潔に保つためにスキンケアをしなければなりません。この時に体を洗う過程で、皮脂は幾分か落ちてしまいます。したがって、水分を逃がさない働きを持つ皮脂が少なくなった状態でそのまま放っておくと、肌が乾燥してアトピー症状を起こしやすくなります。

これを防ぐためにも入浴後には、特に皮脂の役割を補うため保湿剤を塗るようにしてください。また、保湿剤には塗った後さらさらしたものなど商品によって、肌に塗った感じが若干違います。そのため、汗ばむ夏ごろの時期には塗った後にべたべたしないものを選ぶということもアトピーを防ぐために覚えておくと良いポイントです。



入浴でスキンケア

投稿日 by 運営者

アトピーになってしまった時の肌の状態をご存知でしょうか。アトピーの症状は人によって、症状が出る原因が異なります。とは言え、アトピーの方の肌の状態はアトピーでない方の肌と比べると肌を保護するためのバリア機能が著しく低下した状態であると言えるでしょう。そのため普段、ほこりや汗など肌にとって外敵とされるものから保護しているはずが、バリア機能が低下しているため、守り切れなくなってしまうのです。したがって、そのまま肌に通してしまうということになります。汗がアトピー症状の原因になることから分かるように、スキンケアとして肌をきれいに保つ必要があるのです。

泡立て具体的にアトピーの方が気を付けておきたい入浴におけるスキンケアの仕方は、肌に優しく接することです。体を洗う時は、ボディソープを使います。この時に人によっては、よく泡立てるために硬い繊維のもので泡立てる方もいます。しかし、これはアトピーの方には特に厳禁であると言えます。なぜならアトピーは刺激によっても、症状を引き起こす可能性が高いからです。

そのため、体を洗う時には手であらかじめ泡立てておいた状態で使うようにしましょう。また、泡立てるのが苦手な場合には、泡タイプのボディソープを使うのも良いでしょう。このようにして、症状が起こらないようにするためにも入浴時のスキンケアに気を遣うようにすることが大切なことです。



スキンケアとアトピー

投稿日 by 運営者

アトピーの症状が出たら、ひどくならないうちに病院に行ってみてもらうことが一番重要なことです。そこから次に重要なことにはスキンケアで保湿対策をすることになります。では、アトピーに悩んでいる方はどのようにスキンケアをすれば良いのでしょうか。

スキンケアと言えば、化粧水などで保湿をするイメージが強いという方も少なくありません。とはいえ、スキンケアには肌に保湿剤を塗る以外にも普段生活の中で行っていることの中にもあります。それが入浴です。アトピーの方の肌はアトピーではない方の肌と比べて肌もともと備わっている肌のバリア機能が著しく低い状態にあると言われています。紫外線も本当のところは当たりすぎると肌に害を及ぼす可能性もあるものです。アトピーでない方は、もともと肌にはその紫外線を含む外敵から肌の組織を守るためのバリア機能が備わっているので、少しの紫外線で発疹ができることは少ないとされています。しかし、アトピー肌の方は加えてバリア機能が低下することにより、肌に蓄えた水分も蒸発しやすくなります。これは乾燥肌の原因ともなるのです。アトピー肌の方は乾燥した状態になると、かゆみが起こしやすくなるとされています。したがって、入浴時にはあらかじめ泡立てておいた泡で肌を刺激しないように、優しく洗うことを心掛けましょう

お風呂入浴におけるスキンケアの次は、保湿剤を使ったスキンケアで気を付ける点を把握します。汗などの汚れを落とすために入浴を行った後は、水を蒸発させにくくする皮脂が流れている状態にあります。そのため乾燥させないためにも、なるべく上がって早い段階で保湿剤でケアするようにすることをおすすめします。保湿剤に関しては商品によってベタベタしないものなど使用感が異なります。したがって、個人に合ったものを使うようにしましょう。

アトピーを起こしてしまうと、発疹が出てかゆかったり痛かったり苦しい状態になるものです。この記事ではスキンケアによるアトピー対策について解説しています。アトピー上場に悩む方にとって、少しでも役立つ情報をお伝え出来れば幸いでございます。




top